2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 一旦帰宅 | トップページ | 初めてのカフェへ »

2017年5月 2日 (火)

姉なりの

今日は、家庭訪問があり

家の中がぐちゃぐちゃなので

マンションのロビーでしていただきました。

姉は、健常者で生まれ、

4歳のときの麻疹で脳炎になり障害を負うこととなりました。

今のように色んな施設がある時代ではなく

障害者は家庭で隠すように暮らすような時代でもありました。

姉がある程度大きくなってきたときに

親戚からの勧めもあり、

障害者の自立施設に入所したことがありました。

小さいときにも田舎で入所したことがあったのですが

その時は、下が垂れ流しになってしまい

面倒をみられないと退園させられたそうです。

先日姉と外出したとき

施設の話を初めて聞きました。

寮で自立のための訓練?をしていたそうですが、

先生はとても怖かったとのこと。

自立のためだからそりゃ、普通の人より大変な練習をさせられるわなぁ~と

思って聞いていましたが、

びっくりしたのが、「土曜日のお昼から日曜日はご飯がなかった」と言ったこと。

なんだって

「んならみんなどうしてたん??」と聞くと

食べ物を売りにくる車があって

みんなカップラーメンやおやつを買って食べていた、という・・。

取られたり買い損ねると食べられなかったと。

買いに行くのも買うことも大きな試練であり勉強。

でも、やっぱり正直、姉が毎週末 ご飯の不安がある生活をしていたと思うと

とても切なくなりました。

最終的には、その施設から逃走し強制退園させられたみたいですけれどね

姉は姉なりに色んな経験をしてきているんだな。

現在通っている施設は養護学校をでて

小さな作業所から現在の大きな施設になるまで

みなで作り上げてきました。

その中で沢山の人と係わり世間と接してきたわけです。

姉は来月で58歳。

障害の重い同世代のお友達が亡くなるのもめずらしくなくなってしまいました。

姉が麻疹さえひどくならなければ

きっとまるっきり違った人生があったはず。

今の人生を少しでも楽しんでくれたらなと

最近は思えるようになってきました。

私も少しだけ成長してきたのかな。なんてね。

姉のお気に入りのキャラメルマキアートと私のカフェラテ。

すっかりコーヒー好きになった私でありました

20170426_101511

« 一旦帰宅 | トップページ | 初めてのカフェへ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉なりの:

« 一旦帰宅 | トップページ | 初めてのカフェへ »