2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 病院 | トップページ | 待ってます »

2015年8月24日 (月)

レイチェルちゃん

Rei はじめまして

ピントが微妙ですが
お名前はレイチェルちゃんといいます
2014年3月24日生まれ。

盲導犬のキャリアチェンジ犬(盲導犬不適合)です。

盲導犬は、やはり優秀なワンを交配するので血が濃くなり
どうしても先天性の病気を抱えて生まれる子が出てくるそうです。

レイチェルちゃんも大きな疾患を抱えています。

食道肥大症により、毎日吐いてしまいます。

それと腎臓機能不全により、頻尿、
点滴や投薬など大変な生活をしていて
まだ、約一歳半なのに
もう来年の桜は見られないといわれてしまったそうです・・・

点滴は週に二回行わないといけないことや
その回数も増えていく可能性があり、
介護が必要なことで皆さん引取りを敬遠なさったようです。

皆さんのご記憶に新しい、リタイア盲導犬のルピちゃん。

20140324194857

大型犬なのに18歳直前まで生きてくれました。
今、レイチェルちゃんは、そのルピちゃん宅にいます。

こんなに若いのに余命宣告をされたレイチェルちゃんを
せめて最期安心して過ごさせてあげたいと、
ルピちゃんママが 悩みに悩んで引き取る決心をなさったわけです。

ルピちゃんママはお仕事を持っておられるので
ルピちゃんが寝たきりになったときも
本当に大変な中、献身的な看病をなさっておられました。

今もまたレイチェルちゃんのお世話で
夜中何度も起きてトイレの世話をし、
お昼間は、ご自身も大病を患っていらっしゃるお母様が
一生懸命「使命」だと頑張ってお世話されています。

今まで、このような先天性の病気を持って生まれてきた子は
どうやって最期を迎えたのだろうと
二人で話しておりました。

ルピちゃんママのお宅には、
Pun1 先日から預かっているぷんちゃんもいますし、

Nene
ネネちゃんというもうすぐリタイアする盲導犬もいます。

Bd3
私も花ちゃんを引き取るとき
大型犬を家族にする大変さを実感したので
レイチェルちゃんのように病気を最初から持っているとわかって
引き取るのは確かに大変勇気がいることだと思います。

私は、「レイチェルちゃんに桜をみせるぞ!の会」を勝手に作り
微力ながらできることは、させていただこうと思っています。

ご賛同頂ける方々がいらっしゃいましたら、
古タオルなど、頂けたらと思います。

今後ともレイチェルちゃんの応援をよろしくお願いいたします

« 病院 | トップページ | 待ってます »

ペット」カテゴリの記事

コメント

レイチェルちゃんが
一日でも長く、幸せに過ごせますように
祈らずには、いられないわ。

折角 こんな素敵なママさんに出会ったんだもん。
幸せな犬生を送ってほしいな。

高齢になり、
お世話が大変になって、
保健所に連れて行っちゃう人も多々いる中で
こんな方もいるんだと
ただ、ただ、頭が下がりますね。

あたしも微力ながら、
出来ることは、お手伝いしたいです。

ルーナママさん♪

ママさんも色々大変な中、
さっそくのご協力のお申し出感謝もうしあげますm(_ _)m

今、点滴をご自身でできるように訓練中だそうです。
レイチェルちゃんは、ぷんちゃんの缶詰を狙ったりして
にシャ~!って怒られてるみたいで
微笑ましくうれしく思っています♪

桜見せたいです!!
これからもお力をおかしくださいませm(_ _)m


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイチェルちゃん:

« 病院 | トップページ | 待ってます »